だから一般女性が苦手になった私

私にとって風俗は抜くだけの場所、キャバクラは口説くだけの場所、スナックは上司の付き合いで通う場所と決めてしまっていて、勿論、相手は客商売で私の相手をしているだけだから恋愛とかに発展するような事は無いであろうと割り切っているつもりです。

たまに自分の好みドンピシャリの女性が付いてしまい、数日間頭から離れずに会いに行ってしまい様な事もありますが、美味しい結果よりも失敗した結果の方が多かったです。

ャバクラに関しては満席で入れずにその後は気分がフェードアウトしたり、人気が高く自分に回ってこなかったり、メールであっさりフラレタリ、全然に空いている状況なのに彼女だけ回ってこなかったりと、まあ多々ありました。
そんな訳で、風俗やキャバクラ遊びばかりしていた私を見兼ねたのか、先輩が久しぶりに会社勤めの一般女性達と飲む場、いわゆる合コンに誘ってくれました。
自分でもビックリする位に話が出来ませんでした。

キャバクラでは冗談で通じるような発言も失礼になるのではとか、下ネタは避けなければとかを考えている内に、気持ちが萎縮してしまい、会話という会話が全く続かずに数日間あの日を思い出すと放心してしまいました。
体調が悪かったのではと気を利かせてくれた先輩がキャバクラを奢ってくれた時は勿論、通常通りでしたが、自分にとっては異常だと解りました。
しばらく、風俗・キャバクラから距離を置き合コン三昧の修業に明け暮れたおかげもあり、まだ内心苦手意識は残っていますが、当初はこの世の終わりだと思いました。